BLOG

生きる

東北地方太平洋地震の発生において、
改めて命の大切を感じます。
懸命に今を生き、
そして生き方そのものも。
1人でも多くの方の無事を心より願います。

何においても被災地の支援は最優先されるべきことですが、
現在、物資提供、金銭による支援、ボランティアによる人的支援は、
残念ながら現地の態勢が整うことを待たざるを得ず、
今、私達にできること、すべきことは限定的です。

今この状況において、私達にできること、
それは「節電」です。

一人一人が少しづつでも節電することが、
被災地の復興に向けたエネルギーを創り出すことができます。
私たち一人一人の節電が、被災地の直接のチカラになると信じて。

ピクチャ 2

ソトコト
日本赤十字社