PEOPLE

嶋 浩一郎

クリエイティブディレクター・雑誌『ケトル』編集長・本屋B&B経営者。1993年博報堂入社。コーポレート・コミュニケーション局で企業の情報戦略に関わる。2006年既存の手法にとらわれないクリエイティブエージェンシー博報堂ケトルを設立。

URL:http://www.kettle.co.jp

嶋 浩一郎のITEM

柳宗理のやかん
【Charity Market】

SOLD
2,057円

【東京の50人 チャリティーマーケット対象商品】
お湯が沸いて、コーヒーを淹れる。
そんな普通な毎日が大切に思えました。
やかんを提供します。

PIPIN

ENDOFSALES
5,142円

動くかどうかわかりません。責任負えません。たぶん動かないかも!
ちょっと時代が早すぎた製品。テレビをネットに!
というコンセプトでアップルのテクノロジーを駆使しバンダイがら
発売されたピピン。ちなみにアップルの製品はみんな林檎の名前が
付いていますが、ピピンは青りんごの品種の名前だそうです。

ヌーディストビーチの人々(鉄道フィギュア)
Nudist Beach Figurines

ENDOFSALES
617円

-

クロウタドリの鳴き声を出す道具
Blackbird Caller

ENDOFSALES
1,029円

-

1億ジンバブエドル札

ENDOFSALES
308円

-

ベルギービールグラスセット

ENDOFSALES
1,029円

-

ロッククライマー

ENDOFSALES
822円

-

オランジェリー美術館とオルセー美術館のパノラマキット

ENDOFSALES
515円

-

LOMOとHOLGA

ENDOFSALES
822円

-

トミカのミニカー

ENDOFSALES
463円

-

嶋 浩一郎の BLOG

ツバメがつくった紙はすごいんです

きょうは春だ!って感じの陽気でしたね。

春に見かけると、なんだかラッキーな気分になるのがツバメが巣に餌を運ぶ姿。 ...

レストランや駅での別れ話はやっぱり見ちゃうでしょ



カンヌ広告祭に来て一週間が経った。

おとといの夜は自分が審査したPR部門のアワードの授賞式。

日本か ...

ローマの休日で、ヘップバーンは職業を聞かれて



いま、カンヌに来ている。

カンヌ広告祭といわれる世界中のメディアやコミュニケーションにかかわる人たちの
...

全部分かったら相当昭和ですな



ナンシー関さんは青森県出身。

棟方志功の出身地だけあって青森県では小学校から版画教育が盛ん。

そんな ...

楽しんごも注いでるし・・・愛をね



ブックディレクターの幅くんから

プレゼントが届いた。

「注ぐ」というテーマで

昭和57年に国立 ...

なぜ、トートの持ち手が短いのか?



やたらと本を併読するタイプなので

自然と持ち物が多くなります。

「かばんの重さは知性の重さ」と自分を ...

宇宙に行ったペンだから気分があがる?



昔「広告」という雑誌の編集長をしていた時、

文房具特集を作った。

そこで紹介したのがサインペン。
...

山川の「日本史」が読みたい!



文房具は人生最初のクリエイティブな道具だし。

人生で男の子が最初にブランドを意識する道具だと思う。

...

杉並の小学生になりたい!



このフリーペーパーを手に取ったとき

一瞬あの伝説のPARCOのフリーペーパー「GOMES」かと思った。
...

太郎さんに好きだっていわれたことは一度もなかった。



いわれなきゃわからないようじゃ、はじめからやめちまった方がいいわよ。

これは、岡本敏子さんの言葉。(「愛す ...

昭和43年、アルミサッシが鉄のサッシを越えた



京都滞在中は

喫茶店にも行ったし、

パン屋にも行ったし、

もちろん、かなりの数の書店にも行った ...

規則正しい生活2

「休みの日には、コーヒーを淹れよう。」という本を読んでその気になって、

京都で過ごした4週間、自分でブラジルの生豆 ...

規則正しい生活



2月の4週間、京都で過ごした。

毎日、規則正しい生活をした。

毎日ごはんを自分で炊くこと。

毎 ...

恵比寿のあの場所がなくなってしまう



恵比寿ガーデンシネマは

東京の映画館の中でかなり足を運んだ場所だ。

単館系の映画の興行成績がいまひと ...

引くんじゃなくて読むもんだ



「明鏡国語辞典」や「ジーニアス英和辞典」で知られる

大修館書店が発行しているPR誌「辞書の本」がそうとうい ...

食事中の方は後ほど・・・・



今日は、アートディレクターの寄藤文平くんと

打ち合わせをしていたのだが、

彼がなんとウンコのアプリを ...

万年筆で全部書いてる



今年のケトルの年賀状には

お笑い芸人のマキタスポーツさんに登場してもらった。

年賀状、毎年大変でも自 ...

タワーだけ、ミジンコだけ、キノコだけ・・・



渋谷のキャットストリートにフリーペーパーの専門店がオープン。

Only Free Paper というその空 ...

たとえばサイズを変えてみる・・・



青山ブックセンターの店頭で今、

アイデアが煮詰まったときに読む本というテーマで書棚を作らしてもらっている。 ...

上海クラブメンバー入り



昨日は某超有名宣伝部長さんの

呼びかけで神保町で上海蟹を食べる会を決行!

アートディレクターの水野学 ...

日暮里の駅を降りて墓地を抜けると



「BRUTUS」の東東京特集が出てから

浅草の深夜営業イタリアンや、吉原大門のバーなど

東側のお店に ...

革命じゃないよ、日常だよ



来る11月23日(火・祝)の18:30から

青山ブックセンター本店でブックコーディネーター内沼くんとトーク ...

マルチタスカーにおすすめ



アメリカのある学者の研究によると、

まれに複数の作業を同時に進めている方が、

それぞれの作業により集 ...

あああ~、津軽海峡~

せっかく青森にいったので、

JR青森駅に隣接した港に保存されている青函連絡船「八甲田丸」も見てきた。


...

「輸送」と「設計」だったのね!

新幹線の青森開業を待ちきれず青森に。

青森県立美術館では

意外にもウルトラマンやウルトラセブンの怪獣をデザイ ...

10年前にすれ違った!

SM展に行ってきた。

SMといってもいろいろあってこのSM展は

写真家・正田真弘の写真展。

「GQ」や ...

カッパはキュウリでつる

今年は民俗学の大家柳田邦男が岩手県の遠野に伝承された

物語をまとめた「遠野物語」を執筆して100年。

そんな ...

火焔土器には表と裏がある?



世の中なんだか縄文ブーム。

そんなわけで、縄文カルチャーの象徴・火焔土器発見の地にいってきた。

新潟 ...

寄藤文平に脳を解剖された



このブログでも時々、トリビアをぼそぼそとつぶやいておりますが、

日々ツイッターで

「海岸から見える水 ...

AKBに教えてあげたい

礼文島の話をもうひとつ。

少子化の波は北限の島にも。

かつて6校あった小学校がいまや2校に。

廃校にな ...

涼しかった~

『「旬」がまるごと』という食材カルチャー誌をプロデュースしている。

週末、小林淳一編集長とアートディレクターの菊地 ...

水かきがついてるからこの名前になりました

誠文堂新光社の本が面白い。

以前も友達の誕生日に南方熊楠がこよなく愛した粘菌の写真集

「粘菌」をプレゼントし ...

あの龍馬が「やらせろ!」って

下北沢の古書店のレジ横に、つかこうへいコーナーができていた。

こういう工夫をする本屋はいい。

「幕末純情伝」 ...

もうトンボが飛んでた

ブックディレクターの内沼晋一郎くんと週末は関西に。

大阪の文楽劇場で「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」という ...

遠山さんごめんなさい 持ってたPCが壊れて・・・



カンヌからブログ更新でなかった。

カンヌ広告祭。世界中の広告クリエイター、マーケッター、メディアマンが
...

テルアビブと静岡と姉妹都市

であるフランスのカンヌにこれから飛ぶ。

フランクフルト経由。

今、カンヌではカンヌ広告際という、

世界 ...

516

映像作家の辻川幸一郎さんがツイッターで

お母様の電話番号の末尾が5160だったことに気付いて

これってもしか ...

彦根市とこの船の中で大ブーム!



ええ、東京の船の科学館には初代の南極観測船の宗谷が展示されている。

宗谷はもともとロシアからの注文で造られ ...

この浮世絵は、欽ちゃんの仮装大賞か? 



府中市美術館で奇想の画家といわれる歌川国芳の展覧会を見てきた。

昨年の三井記念美術館の高橋コレクション展な ...

そう、そうだよ、そうなんだよ



久しぶりに劇場で小津映画を見た。

「彼岸花」。

1958年の作品。

佐分利信と田中絹代が夫婦役 ...